「全感覚祭」のチケットですが、このイベントは入場フリーとなっているのでチケットは必要ありません。来場者の寄付によって成立しているイベントです。

寄付金の回収

寄付金は会場のスタッフが回収ボックスを持って回っていますので、そちらで回収しています。しかし強制ではなく、強引な言い方をしてしまえば一銭も払わなくともこのイベントを堪能することができます。しかし毎年このイベントは大成功を収めています。イベント自体が素晴らしいので、「良いものにお金を出す」という経済の基本循環、好循環が起きているのでしょう。

ニュース

2020年度はコロナの影響で開催が危ぶまれていますが、5月より「全感覚菜」と銘打った、ポストコロナに備えるための新しいプロジェクトがスタートしています。